2016年05月13日

アイマス痛チャリ計画・その1

アイマスの痛チャリを作る計画があるのでそのデザインが1枚上がった
(作るとは言っていない)


スクーリッシュガール(案).png


スクーリッシュガールめっちゃすき
posted by とりっP(@ot3323) at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク・改造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイクの一発試験に挑戦してみた(沖縄)

さて、Youtubeのコース動画などコメントや再生数がちょくちょく伸びてますので、一応見ている方がいそうなので動画です。今回は合格しましたのでその動画ということで。




一発試験のポイントを書いていきます。
記憶があるうちに。。。

なお、私は免許取り消し組ではありません。
22歳の時に原付で免許を初取得し、23歳で小型特殊免許、そして現在に至ります。
私はロードバイクでバランス感覚には覚えがありますが、別になくても原付で十分練習できます。


まず、学科試験に合格している方は、まったく車道の走り方が分からないということは無いと思います。
(交差点30m手前のウィンカー、進路変更3秒前のウィンカーなど)
正直な話、学科丸暗記では絶対に合格は無理です。

そのルールがなぜそうなっているのかを考えてみてください。
たとえば、右折する際は
(「左右ミラー→ウィンカー→3秒→右後方目視→後続車が居ないなら中央に寄せる」を30m手前までに終わらせる)
の手順がありますが、
「右折の際はあらかじめ道路の中央に寄る」という決まりがありますね。
さらに「左折の際も縁石1m以内に寄せる」決まりもあります。

キープレフトからすぐ右折したら後続が危険だからですね。少し考えればわかりますね。
左折の際は左端から軽車両・原付が巻き込まれないように寄せる・・・など動作一つとってもきちんと意味があります。


こういったことに考えが及ばないと、どこでその操作をするべきか。が曖昧なままの試験になり、受験代を無駄にすることになるでしょう。


大型二輪の受験者が多かったですが、皆さん技術はかなりお持ちで、
一本橋、クランク、8の字、スラローム、急制動、波状路のいわゆる課題走行、
クラッチワーク、メリハリなど上手な方がほとんどでしたが、安全確認が抜けるポイントが多く、正直な話、
「ああ、あの走りじゃ合格は無理だな」
という印象でした。
おそらくですが、免許取り消しになった方などが安易に挑んでいる印象を受けます。
さすがに開始前に試験官に「この道はどっちのウィンカーですか?」とか聞いてる方がいて笑ってしまいました。
当然「試験ですのでお答えできません。」と一蹴されてましたがw
そこから知らなかったら教習所に行ったらいいと思いますよ?
当然そんな方ばっかりなので大型二輪の合格者はゼロ。


安全確認も、行えばいいというものではありません。
安全確認が必要なポイントが決まっています。過剰に行えば、脇見運転で減点必至です。


そのあたりしっかり確認して挑めるのは、
「臨時技能教習」を受けることです。
沖縄県南部では、馬天自動車学校と糸満自動車学校が行っています。
(他の合格者から聞いた話です。)
馬天自校に実際にTelしたところ、3959円/50分でした(2016年4月28日時点)。


当然、教習生が優先なので、Telで事前予約が必要とのことでした。
また、土曜日は教官が少ないため平日が取りやすいようです。


それか合格者からアドバイスをもらう
ことでしょう。
明らかに技量が自分より足りなくても、合格者にお願いする価値はあります。
下手ですが・・・とか言いながら知らなかったことを教えてくれるかもしれません。

大型の受験者に「しょせん小型だろ?」と言われたことがありますが、「小型で出来ないことが尚更、大型で出来るわけがないでしょ?」と言い返しました。

もし沖縄で受験する方がいらっしゃいましたら、コメントいただけますと幸いです。
沖縄は特に情報がないので、試験であいまいなポイントがあれば資料やら動画やら共有できると思います。
posted by とりっP(@ot3323) at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 運転免許界隈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。