2016年08月09日

一発試験対策で、自動車学校に1時間だけ練習に行った話

今回お世話になったのは、糸満自動車学校さんです。
一発試験で合格したい、でも練習環境がない!みたいな方は是非やっといたほうがいいです。

ギリギリの時間に着いてしまいましたが受付していただき、本当にありがたい限りでした。


一応電話すれば教えてくれますが、
・一発試験対策などのために1時間単位で技能教習が受けられる。
・料金は3960円/50分。
・予約は5日前から電話で。あまり近い日付だと予約が埋まって取れないことがあるので余裕を持って。
・当日は教習料金支払いなどがあるので、教習時間の10分前に受付をしておくこと。


また、予約の電話で、教習希望の免種を伝えましょう。今回はAT普通二輪としました。



いよいよ教習。車両はシルバーウィングGT400。最初に、
「小型は一発試験で取りました。なので普通二輪の課題走行を練習させていただきたいです。」
と伝えました。法規走行に不安があるならそれを伝えてもいいでしょう。

とはいっても、最初は法規走行から入るようです。
「小型は一発で取ったということで法規走行は問題ないですね。じゃあ残りの時間は課題やりましょう。」

残った30分ぐらい?はひたすら課題走行をやりました。
一本橋・・・13.28秒
スラローム・・・7.1秒
クランク・8の字。急制動はウェット路面なので14m(3本目停止線)。
不慣れな400tだったが問題なし。12mぐらいで余裕を持って停止。
ドライ路面なら11m余裕そう(2本目停止線)。


いいタイムをたたき出さなくていいから、ひとまず着実に行きましょうwみたいなことを言われた気がします。
「普通二輪は一本橋が7秒以上なので、もっと素早く通過して8秒ぐらいで。
スラロームはブレーキも使っていいから7.5秒ぐらいでもOK!みたいな感じで。」

「確かにそうですね。
課題に不安があるなら、減点されないぐらいでさっさとクリアするのが得策ですね。」
という感じにあっという間の50分が終了しました。


指導員が話しやすい方だったので、ただの練習にならず聞きたいことはすべて聞けたので、
有意義な時間になりました。

しかし取得時講習の時の指導員の
「400tはあと1時間ぐらい練習したら行けそうだな。。。」と言っていたのを思い出して、
自分でも案外乗れていたことにビックリしています。


そんな感じで練習とアドバイスを受けたので、不安はほとんどなく試験当日を迎えられそうですね。
とか言ってもまだヘタクソなんですが。。。w でも試験に臨めるぐらいには乗れるようになりました。

なので予定通り12日に限定解除審査を受験することにします。
posted by とりっP(@ot3323) at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 運転免許界隈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする