2013年08月30日

いよいよ、BR-5700-F(105フロントキャリパーブレーキ)へ交換

(今回は撮り忘れて写真がほとんどありませんw)
ある晴れた日・・・


友達と那覇で食べ歩きをしていた時のこと。
ふと目に入った「沖縄輪業」の文字。

(あんまりここに来る機会もないし、寄ってみるか。)
友達もOKしてくれたので、立ち寄ることに。


ここは沖縄輪業 前島2号館。


ちなみに1号館は、総合的に自転車を扱っているのに対し、2号館はロードバイク専門みたいな感じでやっております。
なんかGIANTの代理店らしく、展示されていた自転車の半数がGIANTでした。

さらに、壁には所狭しとロードバイク用品が展示されており、その種類も、ボトルやサドルバッグといった小物から、スプロケット、ディレイラー、ブレーキといったパーツまで幅広い品ぞろえでした。(ただし定価)

記事では何度か書いたかもしれませんが、ブレーキがTEKTROなのが以前より気になっていましたので、真っ先にブレーキに目が行きました。


IMG_4498.JPG
105 ブレーキキャリパー ¥4.201-(ただし定価)
(↑の写真は、買った後のものですが。。。)

売り場に、シルバーのものが出ていましたが、あのフレームだったらブラックのほうが似合いそうだと、ショップのお兄さんに相談してみると、なにやら奥の倉庫から取り出してきました。以下会話。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
お兄さん「ブラックありましたよ。」

ot3323「これいくらでしたっけ?」

お兄さん「4201円です。」

ot3323「ありがとうございます。給料日前でお財布がギリギリなのでちょっと考えさせてくださいw」

お兄さん「どうぞ、ゆっくり考えてください。ただ、あんまりストックはないので切らしたらお時間いただくかもしれません」

ot3323「(今買ったほうが確実ってことか)なるほどです。」

友達「買っちゃえYO」

お兄さん「www」

友達「いつ買うか、今でしょ!」

お兄さん「今でしょ!」

ot3323「・・・ください。」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ただ、そのほかの収穫もありました。

痛チャリを作りたい。という話をしたら、お勧めのディスクホイールを教えて頂いたりといった相談にも親身に乗ってくださいました。


パーツ類は定価ではありますが、そういった相談が気軽にできることも、大きなメリットかと思います。
その辺のリアル店舗ならではの価値含め、定価でも買おうという気分にさせてくれました。


こうして、晴れて新しいブレーキを入手できました。
IMG_4498.JPG



ブレーキの交換は、特に難しい部分はありません。
IMG_3757.JPG
方法については、多くで解説されているので調べてみてください。

せっかくなので、アウター、エンドキャップとバーテープも交換。青にしてみました。
IMG_3765.JPG

これが痛チャリ化の第一歩なのですが、完成の目処は立っておりませんw


肝心の効きですが、かなり違います!!!!!!!!!!!!
!が多すぎますが、それぐらい違います!!!!

ロードなんてこれぐらいなのかなぁ・・・なんて思っていたのが全くの幻想だったことが判明しました。
(まずはそのふざけた幻想をぶちk(ry)
TEKTRO R340は、握っても流れる感じがあったのですが、105はタイトに反応してくれます。
狙ったところで止まれることをこんなに感謝した日はありませんw

とりあえず、フロントがかなり効くようになったのは大きいので、お財布の余裕を見てリアも交換していきたいと思います。


今日の教訓
「ブレーキ交換の時は同時に、ワイヤーセットも忘れずに買おう。」(←忘れた奴w)
「安い完成車を買ったらまず最初にブレーキをアップグレードしよう。」
posted by とりっP(@ot3323) at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク・改造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック