2015年05月04日

分解歴があるMacbook Airが正規の修理受け付けてもらえた件

正 直 ブ ラ ッ ク


実は、ジャンクのMacbook Air 2012 を入手したんだが、状況が

・2012年モデルの11インチ

・MD223J/A(SSD 64GB)、MD224J/A(128GB)などは不明。
SSDが販売者の手で破棄されているため。

・画面が割れている・・・

で、画面は別に調達してきて自前で交換したのでその時点で(建前上)保証が無効になり、SSDを買わなきゃいけないのか・・・と思ってたんだが・・・。

ところで、Macbook Air2012のSSDの一部に不具合が出ているようで。


こちらです



64GB or 128GBの一部に不具合があると・・・。
たまたま、別筐体から下ろした2012モデルのSSD 64GBと128GBが一枚ずつあったので試してみましたがどちらも認識しない。


ここで黒いとりっPさんが姿を。。。(デュフフwwwそれを装着して修理持ち込めば変えて貰えるんじゃねw)
そして白いとりっPさんも姿を。。。(いけません…分解歴は保証が無効になりますよ。。。)


結局黒いとりっPが勝ってしまい、ダメ元で預けてみようという体で持ち込むことに。
ですが、シリアル番号とモデルは関連付けられているだろうし、装着するSSDの容量は合わせないといけない…。
そんな時にこのサイトに辿り着き…。

Macbookのシリアルからモデルが分かるサイト

ココにシリアル番号を入れれば、モデル番号・ストレージ容量・メモリ容量・製造時期なども分かってしまうw
ちなみに、128GBのMD224J/Aだった。

ここでこのMacbook Airに付いていたSSDの容量を特定し、手元にあった不良のSSDを付けて持ち込んだ。
ちなみに、部品類は完全に元の場所に戻し、ネジもひとつ違わず正しく閉めている状態。
だが、販売者がSSDを外した際に出来たであろうネジの傷などもあり、微妙な感じ。


内心ドキドキしながら電話連絡を待っていたのだが、
「お預かりしていたMacbook Airの修理が完了したのでご連絡しました」
との連絡が入り、あっさり完了してしまって拍子抜けw
修理にお金がかかるようだったら電話を貰えるようにしてあったので、無償修理が効いたんだなーと安堵しつつ。
事実上のリコールみたいなのなので診断料とかも取られず一切0円で。
わざわざマザーボードを外して調べたりとかはしないんだなー。


ということで、直ったMacbook Airでこの記事を書いている。
今までは2011モデルだったが、発熱が抑えられた感じがする。
比較動画はYoutubeにでも上げてみようかな。


ちなみに不良のSSDは東芝製で、交換品はSamsungだった。
あんまり好きじゃないんだけどなーw


なんか乱文ぽくなってしまった。
もしこういうことを考えている人がいたり、詳しく聞きたい方はTwitterかコメントぐらいでよろしくです。
posted by とりっP(@ot3323) at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック