2015年08月22日

アドレスv125(K7)をお迎え、不具合が超単純な原因だった

排ガス規制前モデルのK7なv125をお迎えしてみたんですが、やはり個人取引なので不具合があって・・・
IMG_1952.jpg
家のそばのコンビニまで運んでもらいました。


「カウルが割れてる」
「アイドリングが不安定」
「エアークリーナーがボロかったので取った」
「ロービームが切れてる」

入念に調べても、確かに不具合はそれだけだった。


とりあえず、

カウル割れ→替えればOKじゃん
エアクリがない→付けたらいいじゃん
ロービームが切れてる→ヘッドライトバルブ替えればおkじゃん

ってな具合に不具合を解消できそうだったけど、


アイドリング不安定なのが一番厄介だし、
直った原因が単純すぎて、は〜(°〜°)?????キレそーーwwwwwwwwwwww状態だった。
けどまあ直ったのでよしw


まーどうせ4スト特有の "持病" だろうと思って、直そうと思ってやったこと
1.エアクリーナーつけたら直るんじゃね?
2.スラッジのせいじゃね?(適当)→フューエルワンブチ込み
3.スロットルボディをフューエルワンで洗浄しつつ綿棒で拭き取り


まーぶっちゃけ全部効果あったっちゃあったんだけど、やっぱりアイドリングが低い。
不安定なのが若干マシになった程度でやっぱり低い。何故。
元バイク屋の人にこんなもんとか言われたけど、いや、これもうちょっと回転落ちたら止まるぞレベル。
排気もめっちゃ臭いし明らかにおかしいから✋


そうだ。エンジン止めてすぐプラグ外してみよう。オイルも燃えてたら厄介だ。



ということで外してみる。
うわ、その日変えたばっかりのプラグがもう真っ黒じゃねーかw
なんか濡れてるしw
ちなみにすぐ乾いてきたのでガソリンだったんだけど、ということは濃いんだろうな。
FI車が何故こんな濃い燃料を吹いてるのか? オイルが燃えてる様子はなかったので一安心。


CDIがおかしいかも?と思ってリセットっぽいこともしたけど変わらず(バッテリー抜いて放電)
モードセレクトでディーラーモードにしても不具合あった形跡もなし。
スロットルボディかと思って電圧測定したらメーカー指定値に収まってた。


んで、スロットルボディをチェックし終わったあとに(今考えたらガソリン濃いのとは関係ないよね?)
一本ホースが外れてるのに気づく。
コイツを興味本位で塞いだらエンストしたw これが原因なのか?


うーん、ブローバイホースは繋がってるしなぁ・・・
あ!もしかしてFI車お得意の”センサー”じゃね(名推理)
それはもう探しましたよ・・・。
でもそのセンサー、サイドカウル外さないと見えないのねw
PP樹脂が色あせてきてたから復活させようかとバラしてる最中だった。


おっ、センサーっぽいのがあるぞ。なんか先端尖ってるぞ。
しかも穴開いてるぞ。これぶっ刺せばいけるんじゃね?
IMG_1956.jpg
これだった。たったこれだけw
アイドリングが嘘のように安定した。




このセンサーからちゃんとした値が来なかったからめっちゃ燃料吹いてたんだろうな・・・。
排気の臭いも落ち着いたのでこれで解決ということで幕を閉じた。
ちなみに樹脂の復活はここまでで消耗しすぎてやらなかったwまた次の機会にでも・・・

(2017.05.07追記) どっかで「このセンサーで上死点検出してるから、このセンサーに値が来ないと2倍燃料を吹いてる状態になる」みたいなのを見た。
つまり4stエンジンはクランクが2回転ごとに1回燃料を吹くけど、上死点検出ができないと毎回吹くしかないみたいな。

始動性がちょっと悪い気がするのでフューエルワンで引き続きスラッジ対策して、イリジウムプラグでも入れてみようかな。
しかし、最初7番のプラグが入ってて、標準6番ぽいけどどっちが良いんだろうな。。。
まあわからんので適当にやってみよう。
あ、そうだ。オイル燃焼疑惑の時のオイルチェックで色黒くなってたからそろそろ交換かな。


とりあえず免許的に、乗れるようになるまでは置いときます。
posted by とりっP(@ot3323) at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック