2017年07月20日

レキオスモバイル契約した話

iPadに入れるSIMどうしようかな?ってところで、レキオスモバイルの存在を思い出す。

さてお恥ずかしい話、KDDIに滞納している料金があり、支払いを続けている状況ではあるが、まあまあ金額が大きいのでもう少し清算には時間がかかりそうな感じ。

よって大手3社と一部MVNOは契約が出来ない状態である。
ちなみに、未払い情報を交換している業者一覧はここで見られる。

上のリンクにある名前から有名どころでいくと、
・DOCOMO、au、SoftBank
・UQ mobile(UQコミュニケーションズ)、Y!mobile(ウィルコム沖縄)
・mineo(ケイ・オプティコム)
・BIGLOBE SIM(ビッグローブ)
・FREETEL(プラスワン・マーケティング)
・DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)

などなど・・・
逆に言えば、ここに掲載されていないMVNOとは契約できる可能性もある。
ということで、レキオスモバイルの店舗に行って来た。

対応はお世辞にもいいとは言えないかもしれないが、店舗があって即日SIM発行が出来ることを考えると、
それだけでもありがたいので気にならなかった。
大手キャリアの店舗の雰囲気を期待して行くと、間違いなく落胆すると思われる()

で、mineoのデータ専用プランの審査に落ちていたが、こちらは問題なく契約できた。

しかも、県内在住限定で、口座振替も可能。
とまあ、審査が緩くて、店舗で即日開通できて、口座振替にも対応しているといいことづくめだが、
デメリットもある。

1.最低利用期間がある
6ヶ月以内の解約は9800円(税別)がかかる。それ移行の解約は費用は発生しない。

2.契約時の事務手数料
他のMVNOだと、エントリーコードなるものがあって、
契約時の事務手数料が無料になったりするが、そういった類のものが一切ない。

3.SIMカードは要返却
これは後で調べてからわかったが、ドコモ系のMVNOは全てそうらしい。
しかも指定期日までに必着で返却しないと手数料が。。。
ちなみにau系(mineo Aプランetc...)は、不要になったら破棄でOKである。

とまあこんな感じ。
ちなみに速度は、

大体平常時はこんな感じ。昼間の混む時間帯にこの速度が出たのは奇跡w
ひどい時は0.3Mbpsぐらいまで落ち込む。。。
けど、ゲームがチョロっと出来ればいいかなと。

ということで、全体感としては料金も他のMVNOとだいたい一緒で、速度がもうちょっと出てほしいので、
とりあえず最低利用期間の半年はここを使ってみようかという感じである。
posted by とりっP(@ot3323) at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック