2015年07月16日

Surface3を買うなどした

端末代がいま、

iPhone6,
Xperia Z1,
iPad Retina,
iPad Air2

あったけど、ちょっと前まで
iPhone5,
iPad mini

もあって、支払いが終わったのでちょっと安くなったんだけど、そこで
「やべぇ・・・端末欲しい」
端末欲しい病気が発症してしまうガジェット好きの悲しい性。


実は、自営でPC屋やってて、
「Microsoft PC アソシエイト2016」っての持ってるんだけど
(Windows, Office, Surfaceの知識が問われる)
タイミング悪く(良く?)、Y!MobileからSurface3が出るという発表。


でもCellular版じゃなくても・・・と、Wi-Fi版を探すも国内は法人のみ。
じゃあもう金額によってはCellular版買ってテザリングとかその辺組み合わせて運用しようなど。


で気づいたらSurface3を予約しに行ってたw
これまでのSurfaceRT, Surface2と同じくARM系だったら見向きもしてなかったけど、
Atom x7 Z8700とかいう聞いたことプロセッサを積んでた。
お、ついにSurfaceにもIntel系が来たかなどと買ったらなにしようか考えててた。
え? 端末って目的があって買うんじゃなくて、買うために目的考えるんでしょ?()


ということで古いIllustratorとosu!が気休め程度に出来ればいいやぐらいで買った。
でもこのAtomプロセッサ、クアッドコアらしく、クロックもブーストで2GHz超まで上がる。
Illustratorも何の問題もなく動いてる。
osu!は映像処理な部分もあるから、ちょっとコマ落ちしたりするけどプレイできないほどじゃない。


これはいい買い物したかな。Y!Mobileのプランは「スマホプランS」にしました。
受付の時無理言ってホント申し訳なかったです。端末が欲しかったんです・・・(クズ)


思い出したように本体でもLTEも使えるし、テザリングもスマホで問題ないし、
普通にPCみたいに使えるしAtom侮ってたな―って感じ。
俺はクソ端末(とか使い道ない端末)はすぐ売る習性があるんだけど、コイツとは長く付き合えそうw


なにか氣になることとか購入迷ってるとかがあればTwitterとかコメントとかで答えていきます。
posted by とりっP(@ot3323) at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows+PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

家のネット回線が遅い原因が判明した

前の記事で、速度が出ないみたいにぼやいてたけど原因が判明したとか。

確か、CISCOのスイッチを入れた時だったか。AUTO MDI/MDI−X対応してなくてクロスケーブルを作ったらしい。


それが問題だったらしく、
「ああ、クロスケーブルね。B結線のストレートだから、片方をA結線に変えればクロスになるっしょ」
って適当に作って、その結線は100BASE−TXまでしか対応してませんでしたってオチw


それをAtermWR8370Nが届いてスピードテストしても100Mbps以上でなかった時に、思い出してストレート結線に戻したら出ましたね。スピード。


DL、UP両方共平均で230Mbpsぐらい出てる。
そののちカテゴリー6のケーブルが届いて交換しましたとさ。
特に変わった感じないかなー。リンクアップしてる速度・規格自体は一緒だし。

でも延長するとモールに収納できなかったりする問題があったから1本にしてモール配線できたのはデカい。


あっ、サーバー立ててます。
Teamspeak3とマイクラやってます。
うちのサーバーに色々載ってるのでそちらを御覧くださいですー。
posted by とりっP(@ot3323) at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows+PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

auひかりちゅら

NTTからひかりちゅらに出戻りしました、みたいな。


一応まだNTTもつながってはいるんだけど、電話のMNP完了したら解約かな。
なんだかんだ、ひかりTVも解約まで時間かかったし、サポセンは土日休みで平日つながりにくいし、回線の質が悪くないからまだ、悪い印象はないけど、いい印象でもない。


たしかひかりちゅらは遅かったよな、、、と思っていくつかのスピードテストやってみたけど軒並み80Mbps越えしてる。良いじゃないw


しかしなぜ100Mbps以上出ないんだろう。。。NTTのはマンションタイプ(ひかり配線)だから仕方ないけど、
ひかりちゅらはホームタイプだし、別に原因がありそう。


ゲートウェイからPCまで30mぐらいLANケーブルを延長コネクタで継ぎ足しながら這わしてるので、それをカテゴリー6の30mケーブルに取り替えてからまた測定かな。
posted by とりっP(@ot3323) at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows+PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

Ciscoのスイッチに交換して微妙にハマったこと

12portのスイッチなんだけど、PCやらサーバーやらPS3を接続したらリンクアップしてる。


だが、ルーターから来た線が付いてるポートがなぜかリンクアップしない。
シャットダウンしてるわけじゃないだろうし、別のポートでも認識しないし壊れてるわけでもなさそう。


うーん・・・。



しばらく考えてたら、
Catalyst 2950って結構古いしAUTO MDI/MDI-X対応してないんじゃない説が濃厚になってきた。

このスイッチとルーターの間は20mぐらいある。
AUTO(ryに対応してないとすれば、クロスケーブルをつながなきゃならない。


あ、そういやLANケーブルかしめ工具買ってあったな。
お、あったあった。ということで、ストレートのB配線だったので、スイッチ側をAタイプ配線に作り変えてクロスケーブルの完成。

5cmぐらい縮んだけど余裕あるからいいか()
繋いでみて・・・ありゃ、認識しない。

TeraTermでshutdownしていたらしく、
>enable
>configure terminal
>interface FastEthernet 0/1
>no shutdown
ってすれば繋がった。
高校時代にCisco 1812J設定の実習でやってたから思い出してきた。
というわけで新しいAtermStationが来るまでこれでいきますかね。
posted by とりっP(@ot3323) at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows+PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

バニラのminecraftサーバーが突然クラッシュするそこの貴方へ(1.8~)

さて、自鯖のWikiにこんな記事を書いてみました。
[復旧済](2015/03/10発生)minecraftサーバーがクラッシュする問題

これはバージョン1.8.3で確認されたものです。
なかなか事例がなく、探すのに苦労したのですが、英語版のマイクラバグ報告フォーラム(?)で、以下の記事が書かれていたのを見つけました。

Minecraft/MC-63590 Watchdog shuts down server


この記事によると、「前触れなくランダムにサーバーがクラッシュする」みたいなことが書いてあります。
ですが、下の方に行くとあるコメントで、

To set the server watchdog to a higher time or switch it off:

Set max-tick-time in server.properties to a value higher than 60000 or to -1
http://minecraft.gamepedia.com/Server.properties#section_3


とも書いてあります。
内容は「サーバーのウォッチドッグをもっと大きい値にするかOFFにするには、server.properties の中にある max-tick-timeの数値を60000より高くするか-1に設定する」みたいな感じです。

じゃあ「サーバーのウォッチドッグ」って何だよ💢って話ですが、簡潔に言うと
「ある特定の状況になった時に、割り込んで例外的な処理を実行する。」
やつで、「ウォッチドッグタイマー」は、その例外処理を実行するまでの猶予時間を計測しているタイマーのことです。


例えば「例外処理」の部分が、システムによっては「強制終了させる」だったりします。
マイクラにもこのウォッチドッグタイマーが、割と最近(1.8あたり〜)実装されたようです。
んで、マイクラの場合は、「サーバーが正常に動作しない状況時」に、「サーバーを落とす(例外処理)」らしいです。
だから傍からみてればクラッシュしているように見える。と。

つまり、サーバーがクラッシュするためには「異常な動作」をしないといけないのですが、これが曲者で
「必ずしもサーバー側の問題ではない」
ということです。
ラグのあるサーバーのログで、
「Can't keep up!…」
「…moved too quickly.」
みたいな警告のが出ることが稀によくあるのですが、これが「異常な動作」とされているようです。


うちのサーバーは回線が細くハードウェアも古かったため、2名でプレイする程度でラグが頻発していました。
それが原因でサーバーがクラッシュ祭りになっていた。ということらしかったです。


ちなみに、server.propertiesの中でmax-tick-time=-1としてやった所、クラッシュは一度も発生していません。
こうしてやると、ウォッチドッグタイマーがOFFになるので、多少ラグがあっても今までのバージョン通りプレイ出来るわけですね。


以上乱文で申し訳ないですが、ランダムに原因不明でサーバーがクラッシュしている方は参考にしてみてください。



(追記)その後、プロバイダ変更でかなりマシになりました。さらに新しくサーバー専用機を導入して完全解消となりました。
posted by とりっP(@ot3323) at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows+PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする