2016年12月06日

普通免許の一発試験に結局いくらかかったのか?

さて、一発試験で結局いくらかかったかというところ・・・
(現有免許:普自二・大自二の場合)

取得時講習と免許交付はまだなので一応見込みということで。

仮免試験手数料 4,400円 x 4回 = 17,600円
仮免交付手数料 1,100円
本免試験手数料 3,100 x 3回 = 9,300円
取得時講習 9,800円(普通車講習)
受験票の証明写真代 600円
免許交付手数料 2,050円

試験場開放時の練習代 3,500円

(応急救護講習は二輪で受講済みのため免除。免許なし・原付・小特の場合は要受講で3,000円)

合計 43,950円
(参考:沖縄県内某自動車学校の普通AT「二輪免許保有」¥183,500-)


実はバイクの技能試験に合格したときに、

-----------------------------
「これで普通免許で教習所に通うとしても学科教習がほとんど免除になるので7万円ぐらい安くなりますね。。。
トータルだとだいぶ得をした気分です。

実は車もAT限定で一発試験に挑戦しようかなと思っていたのですが、あとから教習所で限定解除しようと思っていたので、最初から確実に教習所に通うことに決めました。」
-----------------------------

とか書いてたのに結局仮免は4回、本免は3回で合格しその差額は139,550円。
またまたかなり費用の節約になり、期間的にも間を開けずに受験し続けた結果、3ヶ月以内で取得出来る見込み。

あとは時期を見てAT限定解除を教習所で受けるだけですな。
つか限定解除の時限数4時間て・・・w 規定時間で卒業できるのかな・・・?
posted by とりっP(@ot3323) at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 運転免許界隈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

普通AT免許(本免)の一発試験・3回目【沖縄】

さて、今日が試験だったので受けてきたわけですが合格しました!

今回は1回目と同じ6コース。
で、今回どうやって乗り切ったのか()

過去に注意されたポイントが、
1回目…道路に飛び出している枝に接触して試験中止
2回目…左折してすぐの駐車車両を大回りで避けてしまい、右側通行で試験中止
3回目…合格。先頭確認は信号機の流れを予測して行うと尚良し。
(青になる前の「全赤」の時間に先頭確認し、発進してから再度行う)


法規走行は周知の通り(?)バイクで身に付けていたが、不合格回は二輪試験と違って路上を走る緊張感、試験特有の緊張感に飲まれてしまったように思う。


そこで、自分の運転に自信を持ち、試験前はリラックスすることを重点的に行った。
というのも、不合格回を思い返して、視野が狭くなっていたことを突き止め、それが緊張から来るものではないか?と感じたから。

試験前は、
試験場の窓についてるカーテンを眺めてみたり…
あ、吹き抜けの上側ってこうなってるのかーと観察したり…
今日は原付免許の受験者多いなー。など隅々までいろんなことに目配りをした。

試験中は赤信号時に、
「あ、このガソリンスタンド改装中か〜」や、
「ドミノ・ピザの看板、最初のDだけ蛍光灯切れてるw」など、
周囲から情報が取れるように、あらゆるところを”軽く”観察して視線が固まらないように工夫。
走行中はもちろん運転に集中。

人間は緊張すると目の動きが少なくなるらしいので、仮免が一発試験で合格出来るのであれば、この技は割と有効かも?


減点された点
・右折をショートカットした(交差点内(右斜) 5点)
曲がり終わる頃に、右タイヤがセンターラインを踏みそうになったのに気づいたので左に切って修正。


で前回「Youtube見たよw」の試験官が言ってた、
「右左折でもう一箇所確認してほしい場所があるんだよな〜。僕そこずっと見てたけどな〜。」
と言ってたのは、今回の前の人の試験風景を見ていて分かった。
「そこずっと見てた」のは、おそらく気づいてほしいからではなく、いざという時の危険回避のための試験官補助が出来るようにするため。
(追記)試験官に聞いてみるとやはりそうらしい。ただし、極端に安全確認が出来ていない受験者の時には、気づかせるために意図的に振り向いたり…いろいろ考えてやっているらしい。

ってことで、右左折時に試験官の目線を逐一チェックしていると、確かに「そこ」をずっと見ている。
試験官が違っても「そこ」を見ている。ということは大事なポイントがあるということ。

で目線とタイミングで「そこ」を見る理由がわかった。試験直前に分かってよかった。
でそれを実践して見せると、「よく勉強してきて受験してるのが分かる」と来た。やはりそうだった。

それらを難なくこなし、発着点へ到着。
「はい、じゃあ課題は方向変換を行いますので発進してください。」
この時点で勝利を確信した。この課題は、合格基準の点数が残ってないと受けることさえできない。
といっても普通車の方向変換。安全確認しながらバック駐車の感覚で入れていき、これも問題なくクリア。

で再び発着点へ。降車措置ののちドアオープン。
「はい終了です。とりっPさん、合格です。」
やはりこの瞬間の喜びといったらたまらない。
踊る気持ちを抑え「ありがとうございます。」とだけ言う。(n回目)


ですぐ免許が貰えるわけではなく、取得時講習があるのでその予約をして帰宅。
前回までは帰ってきたら泥のように眠ってたけど今回は眠くない。
無駄に気を張ってると良いことがないようだ。


ちなみに取得時講習予約のときに、技能試験に受かったことで以降の運転練習をする理由は無いので、仮免許証での運転は控えるようにと注意された。
もし何かあった場合、仮免許証の目的外運転で無免許となる場合があるとのこと。
取得時講習で実技講習があるので一応返却はします。とのことだった。


取得時講習は12月23日らしい。コース走行の動画は免許取ってからアップロードしようと思う。
posted by とりっP(@ot3323) at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 運転免許界隈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

普通AT免許(本免)の一発試験・2回目【沖縄】

さて、11月28日が試験だったので受けてきたわけですが不合格。
今回は2コースでした。まあ例のごとく地図がデカいのと、誘導があるので本免コース図は作ってませんが・・・。


で、以下言い訳タイムです()
というかなんと今回再び・・・持ち点がなくなってしまった

指摘された点
・逆走した(右側通行(障害物) 危)
まず、この丁字路。どことは言わないが走ればすぐにわかる場所。
1.png

ここを左折するのだが、左折した先すぐの赤枠の場所に駐車車両。
これを無意識に右側に大回りで避けてしまった。

2.png


当然、避けた先が対向車線なので逆走とみなされて終了。
もちろん正解は、左折した先の駐車車両の後方に着き、進路変更の手順で障害物を回避しなければならない。
避けた瞬間に気づいて「あっ」という表情をしたのが試験官にバレていた()
本当なら補助ブレーキを踏まれていてもおかしくない案件である。。。
今回は、その表情の件と幸い対向車がいなかったことで最後まで走ることができた。

・進路変更のウィンカーのタイミング(合図(不適) 5点)
合図が遅かったりして後続車に誤解を与える恐れがある。

・左折時に縁石から離れている(巻き込み(離れ) 5点)
あと、右左折で交差点に進入する際に確認してほしい場所がもう一つある。とのこと。
自分で調べてきてね、とのことでおそらくこのページのこと。
図解でとてもわかりやすい。


ちなみに今回は「Youtube見たよw」の試験官。
少し気は楽になったが、風邪ひいたり眠気が抜けてなかったりして、視野が狭くなって注意力も低下してたのが全体的な敗因であると思う。そのせいかシートも遠くしちゃったしw
ちなみに、前回注意された点は特に言われなかったのでひとつひとつ潰して最終的には合格したい。

(あとで試験係の人に聞いた話…君のことは試験係全員が覚えてるよwとのことで…さいですか…w)
普通一種合格したら、そのうち大特一種とか受けに行きますね()

ってことで、できれば今度こそ次で合格したい!次回試験は12月5日予定。
あー…年内で取れるかな(
posted by とりっP(@ot3323) at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 運転免許界隈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

SYM Attila(アティラ 125)のベルト

純正高え…

ということで、

アクシストリートの強化ベルトを入れてみた。
4500円とかだったかな?


なぜアクシストリートなのかと言うと。。
どっかで、アクシストリートのベルトが、GT125(キャブ)に付くってのを見たのがキッカケ。

その後、アティラに付く社外品を探していると、GT125Fi/アティラと書いてあり。。



そしたらGT125とGT125Fiの違いとは??っていう至極当然な疑問が。

その違いはよく分からないまま色々調べていると、純正ベルトの品番を発見。


品番で検索をかけると、Z1とかいう違うモデルしかヒットしないし。。
確定的な情報が出てこないので、人柱しました!((


結論:使える!
ちょっと幅が広い感じもするけど、普通に使える。乗れる。
もちろん、純正ではないので自己責任で(ry





ということで、アティラを安く駆動系のメンテをしたい方いかが?
posted by とりっP(@ot3323) at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

普通AT免許(本免)の一発試験・1回目【沖縄】

さて、11月16日が試験だったので受けてきたわけですが不合格。
今回は6コースでした。5・6コースは折り返し地点で受験者が交代するコース。
往路が5コース、復路が6コース。まあ地図がデカいのと、誘導があるので本免コース図は作ってませんが・・・。


で、以下言い訳タイムです()
というか今回なんと・・・持ち点がなくなってしまった

指摘された点
・道路に飛び出してる枝にぶつかった(接触(大) 危)
採点結果は非公開だが、実はこれだけで試験中止。
甘く採点しても接触(小)20点だから、どっちみちアウト。
後方に車両がいなかったため何もなかったが、バイクが走っていたりすると、枝の跳ね返りで転倒を誘発する恐れがある。
その直前で駐車車両を避けたので、枝まで避けてから戻れば大丈夫だった模様。

・駐車車両を避けた時の間隔が近い(側方間隔不保持 20点)
左折する交差点直前の路側帯に駐車車両があって、避けた後に左寄せしようとして駐車車両に接近して危険とのこと。
この場合は左寄せは不要。
これが「他の交通および道路の状況に応じて他の交通に気配りしながら・・・」ということらしい。
よく考えたらそりゃそうだ。接触もそうだけど、自分の車でそれやる?って考えれば。

・10km/hのスピードオーバー(速度超過 20点)
30km/hの道路を40km/hで走っていたらしい。
大体どこのことか見当は付いている。
ということは、大幅にスピードが超えないようなアクセルワークをして、超えた場合はエンジンブレーキで調整するやり方がいいかもしれない。ブレーキを不用意に踏むと、後続車に不安を与えてしまうからである。


「とりっPさんは二輪と仮免こっちで取ってますし、法規走行は悪くはないので、場内試験とは違って道路の状況に応じた運転ができるようにしてください。」
ってことで少しは自信がついたので、その辺り注意しながら臨もうと思う。

(なぜ二輪のことを知っているんだろう・・・もしかしてYoutubうわなにをするやめr)


普段は家族所有の軽自動車でしか練習していなかったが、運転自体は割とスムーズに行ったと思う。
やはり路上練習は大事だ。

ってことで、できれば次回あたりで合格してしまいたい!次回試験は11月28日。
posted by とりっP(@ot3323) at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 運転免許界隈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする